読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hold Fast that Which is Good

良きものをつかむために綴るブログです。皆様のレスポンスが何よりの活力になります。どうぞよろしく。

  follow us in feedly  


【思い出のマーニー】恵まれた人

このエントリーをはてなブックマークに追加
あとで読む

マーニーって誰?

f:id:holdfast:20150505001011j:plain

初見では最後のネタバレまで全くオチが読めなかった思い出のマーニー
ジブリ初のダブルヒロインとして公開されたこの映画、
そのうちの1人であるマーニーとは一体何者なのか?
マーニーが杏奈に伝えたかったこととは何だったのか?

今回はマーニーと杏奈のことや、この映画の考察などを
書いていこうと思います。
前回よりもネタバレしているので未見の方はご注意を。
長い文章にもなるでしょうしw

あ、ネタバレOKの方は最後の【次回予告】に注目!

 

 

 

夢の中に出てきた女の子

f:id:holdfast:20150505140403j:plain

杏奈はマーニーのことを、「夢の中に出てきた子にそっくり」だとか
「私が創り出した女の子」というように、あたかも自分の頭の中で描いた
少女として語っています。
結論から言うとそれは正しいんですが、それだけでは説明できないくらい
謎だらけの存在でもあります。

性格面もかなり不安定で、浮き沈みがやたら激しいのが見て取れますが、
「あたしは世界で一番恵まれた女の子だと思う」と言ってのけるなど、
杏奈に比べたらハッピーであるように見えます。

ただし、それは上辺だけの話。お互いが【外側の人間】である2人は
会う度に仲良くなりますが、心の闇の部分も人一倍であることが
分かってきます。

 

今まで会った○○よりも

f:id:holdfast:20150505143741j:plain

杏奈とマーニーは互いに誰にも言ったことのない秘密を打ち明けます。

杏奈は、

  • 両親と祖母が死んだことで、一人ぼっちにされたことが許せない
  • 養父母は自分を育てるために役所からお金をもらっている
  • 養母(頼子)はお金のことがバレてないかといつも心配顔になっている
  • こんなことを考えている自分が嫌いで、何も信じられなくなった

対してマーニーは、

  • 父は仕事、母は旅行で家におらず、ほとんど親の姿は見ていない
  • あややねえやたちから常にいじめられた
  • ねえやたちにサイロに引っ張りだされ、死ぬほど怖い思いをした
  • 他のことは何でも我慢できるが、サイロだけは無理

と、こう並べてみると実は杏奈よりマーニーの方が状況はキツいです。
杏奈の養育費の件は、大人の立場から見ると小さいことかもしれませんが、
12歳という年頃ではショックなのも無理からぬ話で、それはもう一大事なのです。
私も12歳の時は結構カオスな精神状態でしたから、他人事目線では見れません。

しかしそれを考慮してもマーニーのはそれ以上に深刻です。
マーニーの表情が暗くなる時、本当に誰よりも暗く見えるのは
こういうことが影響しているからなのでしょう。
幸い、マーニーには幼なじみの和彦がいたため、どん底は免れていますが。

そして杏奈、マーニーの順で2人はある同じセリフを言い出します。

「あなたは恵まれた人。私、あなたならよかった」

これを言った順番がポイント高いです。
深刻度が高いマーニーが後に言ったことで、直後の
「私たち、入れ替わっちゃったみたい」という杏奈のセリフが
すごく納得でき、記憶に残っています。
そしてそれ以上に印象に残ったのが、相手に対して愛していると言った時の
セリフのわずかな違いですね。

マーニーの「今まで会った【どの女の子よりも】ずっと愛している」に対し、
杏奈は「今まで会った【誰よりも】ずっと愛している」です。

これだけはオチが読めなかった初見の私でも違いに気づいて
目を見開いたものです。
この時点でかなり映画にのめり込んでいました。
夢中になっていたと言っていいレベルです。

そしてマーニーのトラウマになっているサイロへ行こうと杏奈が提案し、
杏奈が全力でマーニーを助けたいと思うようになるのですが、
これが終わりの始まりになっていく、ということになります。

 

青い窓に閉じ込められた少女

f:id:holdfast:20150505140402j:plain

サイロに行ってからは度々奇妙な事が起こります。
マーニーが居もしない【和彦】の名前を口に出したり、
杏奈のことが見えていないような行動をするようになります。
ついには杏奈をサイロに放置してどこか行ってしまうことから
杏奈の怒りが爆発してしまいます。

過去に親に先立たれて施設で一人ぼっちのトラウマが蘇り、
杏奈としては最も許されないことだからです。
しかし次にマーニーに会った時、怒りをぶつけたものの、
青い窓に閉じ込められたマーニーが蝶番を叩き壊してまで
必死に杏奈に謝り、許しを請うのを見た杏奈はマーニーを許します。
許してもらったマーニーは満面の笑みで杏奈の前から
姿を消すことになります。

ハイライトであるこのシーンは、「許すの早すぎでは?」といったような感想を
よく見るんですが、私は決して早くはないと思います。
(初見の時は「仲直り早!」とちょっと思いましたw)
何も杏奈はマーニーに絶縁状を叩きつけに行ったわけではなく、
事の真意を問いただしたいだけなので、「誰よりも好き」と言わせた相手を
一気に嫌いにはなれない、むしろ好きのままでいたいということでしょう。
本当に嫌いならマーニーに会う必要すらありませんから。

さて、最後にマーニーがあんなに笑って消えたのは何故か?
それは杏奈が【人を許すこと】をはっきり言葉と態度で示したからです。
マーニーが杏奈に一番伝えたかったことは紛れもなくこれであり、
人を許すこと、それが杏奈の心を回復させることができる最善の方法だからです。

思い出のマーニー ビジュアルガイド
 

 

 

アルハンブラの想い出

f:id:holdfast:20150505181429j:plain

マーニーの友人である久子から次々と伏線回収と説明を受ける杏奈と彩香。
「マーニーは和彦と結婚して娘を産んだが、和彦が死んだショックで
サナトリウム行きとなり、娘を全寮制学校へ送り出してしまう。
戻ってきた時の娘は別人で結局娘は家出。
その時娘は子供を身ごもっていたが、子供が1歳の時に
夫とともに交通事故で亡くなった」

すさまじい伏線回収ですw

「マーニーは唯一残った孫を引き取り、この子だけは育ててみせると決めたが、
娘を亡くしたショックから立ち直れず、引き取って1年で亡くなった」

という激動のお話が繰り広げられるんですが、
この時のマーニー、49歳だったということを後になって知りました。
それよりもマーニーは実在していた人物だったということが分かり、
話はラストに向かいます。

初見の時はこれでもオチがわからなかったですw
わかったのは療養先に頼子が訪ねて来て、杏奈に昔の湿っ地屋敷の写真を見せ

「あなたのおばあさんのものだって・・・」と言った時ですw
ってまんま答えですw
まあこの時はこれ以上ないくらいビックリしました。
「!!!???」くらいな感じですw

そして流れるアルハンブラの想い出。

 

思い出のマーニー(アルハンブラの思い出)

思い出のマーニー(アルハンブラの思い出)

 
これは本当にヤバかったです、今まで謎だった部分が一気に解ったこともあって
危うく泣くところでした。
確かにオチが事前に分かる要素は多くあったかもしれません。
アルハンブラもそうですし、杏奈の目の色とかマーニーが許しを求める所とか。
ともかく、私としてはオチが想定外の上にしっかりついたこともあって
もう最高の映画だ!という結論に至ったわけです。
一番最後のマーニーが青い窓から1秒もあったかわからない間
杏奈に手を振っていたシーンがなおのこと強烈な印象を与えました。

 

 

 

まとめ

f:id:holdfast:20150505190551j:plain

結局、杏奈は【恵まれた人】でした。
実の親から愛情は受けたことがなくても、頼子にも、マーニーにも
心から愛されていたわけですから。
杏奈自身もそのことに気がつき、頼子をさらりと母と認めるシーンは
実に素晴らしい結末だと思います。

 

杏奈

杏奈

 

逆に、マーニーは【恵まれなかった人】にあたるでしょう。
自分が飢えていた親の愛情を、娘にも与えることができず、
さらにその娘も杏奈を産んですぐに亡くなったのだから。
3世代続いての悲劇でしたが、しかしこれからは変わっていくのではないか、
という期待感も持てるのがいいですね。

 

マーニー

マーニー

 

映画としては非常に展開が早く、説明不足の点もありはしましたが、
逆に言えば中だるみしない、本当に無駄のない話になっていたと思います。
わけのわからないまま終わった、ってことがなかったのが最高!
心理描写が非常に深く、むしろ大人向けの作品じゃないかと思うくらい
個人的にはハマりまくりました。

もう3,000字超えたらしいので今日はこのくらいにしますw
まだ書くことがあるんですが、追々書いていけばいいかな、と。

思い出のマーニー (ロマンアルバム)

思い出のマーニー (ロマンアルバム)

 

 

次回予告

f:id:holdfast:20150505192839j:plain

次回は、この最高の映画に出会えてはっちゃけてしまった私が
散財覚悟で遠征までした、とあるイベントの模様をお送りします。
ぜひご覧ください!

広告を非表示にする

【DESIRE remaster.ver】応援中!

長編アニメーション映画【planetarian】応援中!