Hold Fast that Which is Good

良きものをつかむために綴るブログです。皆様のレスポンスが何よりの活力になります。どうぞよろしく。

  follow us in feedly  


マイマイ新子と千年の魔法

このエントリーをはてなブックマークに追加
あとで読む

高樹のぶ子原作・片渕須直監督作品

f:id:holdfast:20150519191135j:plain

 今回のアニメーション映画は、2009年公開と少し昔ですが
マイマイ新子と千年の魔法という作品を取り上げます。

名前は聞いたことがあったものの、どんな映画か全くわからなかったのですが、
あの魔女の宅急便の当初監督予定だった方で、その後名犬ラッシー
の監督を担当された片渕監督の作品、ということで観ることにしました。

人知れず公開されるも、大好評でロングラン上映されるまでに至ったという
この映画はいったいどんな作品なのか?
今日はそんな得体のしれない魅力のあるこの映画について
書いていきたいと思います。

マイマイ新子と千年の魔法 [DVD]

マイマイ新子と千年の魔法 [DVD]

 

 

 

マイマイ新子と千年の魔法

マイマイ新子と千年の魔法

 

 

 

 

 空想好き少女と都会っ子

f:id:holdfast:20150519222214j:plain

主人公である画像の少女、【青木新子】は昭和30年の山口県防府市に住む
おじいちゃんっ子で活動的で【マイマイ】というくせっ毛を持つ女の子。
祖父から聞かされる1000年前の話をもとに、「昔はこんなのやあんなのがあった」
と空想を巡らせ、麦畑だらけのスペースにありとあらゆる1000年前の時代の風景を
構築していくという、風変わりな出だしから物語は始まります。

ガサツだけども朗らかに毎日を生きる新子の下に、ある少女が登場します。

f:id:holdfast:20150519222129j:plain

東京から来た【島津貴伊子】は、住む世界が180度といっていい程違う田舎町に
慣れず、転校先の学校で香水をつけて登校したことで皆から臭いヤツ扱いされ、
26色の色鉛筆を持ってきたことで好奇の目にさらされてしまいます。

しょんぼりしながら帰る貴伊子のことが気になった新子は、彼女の後を追いかけ
その勢いで貴伊子宅までお邪魔し、早速友達にもなるのですから
凄まじいバイタリティと言えるでしょうw

圧巻なシーンとして、貴伊子が逆に新子宅を訪れた際に
チョコレートを持ってくるんですが、そのチョコレートがなんと【酒入り】
酒が入った貴伊子のキャラが面白いことこの上ないw
ぜひこれはご覧になった方がいいと思いますw

メイキングオブ マイマイ新子と千年の魔法

メイキングオブ マイマイ新子と千年の魔法

 

 

純真無垢な子供達

f:id:holdfast:20150519191227j:plain

貴伊子と親しくなることができた新子は、同級生のシゲル、ヒトシ、ミツルや
タツヨシと共にダムの池を作ったり、金魚を放し飼いしたりして
楽しい時を皆と過ごしていきます。
貴伊子もその中に加われたことで、徐々に田舎暮らしにも慣れていき、
笑顔を見せるようになっていきます。

後になると金魚のことなどでアクシデントがあったりはしますが、
基本的に、この映画は流れ行く時間の中を目一杯生きていく子供たちの姿を
ひたすら描いています。
1000年前の情景も絡ませながらも嘘偽りなく一生懸命生きる、
まさに純真無垢なのです、子供達は

Sing

Sing

 

Sing

Sing

 

 

現実を見せつける大人達

f:id:holdfast:20150519191445j:plain

しかし、子供達とは正反対に大人達はかなりハードな設定がされており、
新子を含め生徒からの人気が高い【ひづる先生】は結婚するのに一悶着あり、
【タツヨシの父親】は表向きは立派な警察官ですが、その裏では借金にまみれて・・・
と、1000年前もダム池も濁ってしまう程の現実を見せつけます。

新子たちはこういった現実とどう向き合うのか?金魚の行方は?
映画は佳境に入りながらも、1000年前と現実の場面が入れ替わり立ち代わりで
展開されていきます。

 

まとめ

f:id:holdfast:20150519195703j:plain

全編観終わって思ったのは、この映画はファンタジーでもノスタルジーでも
ドラマでもない、本当に日常を色濃く描く現実に則した物語だったな、
というものでした。
何故なら綺麗話では終わらないし、大げさな演出で取り繕ってもいないし、
オチもついていないから。
出会いがあり、希望があり、葛藤があり、たとえ別れがあっても物語は続いていく。
そんな誰もが過ごすであろう日常の一部分を映画の尺で観た、という感じでした。

作画も良いですし、ストーリーもテンポよく無駄がなく、キャラ全員に
力強さもあって非常に見応えのある面白い作品となっています!
評判通りの素晴らしいアニメーション映画でした。
まだ観ていない方は一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

こどものせかい

こどものせかい

 

こどものせかい

こどものせかい

 

ちなみに、片渕監督は現在この世界の片隅にというアニメーション映画の
クラウドファンディングを実施中です。


 

先日話題にもなったことでご存じの方もいると思いますが、
ご興味のある方は参加してみるといいかもしれません。
ちなみに私は参加していません。この作品を知らないというのもありますし、
クレジットカードを持ってないので、最低5,000円からというのがキツいw

この世界の片隅に(前編) (アクションコミックス)

この世界の片隅に(前編) (アクションコミックス)

 

 

この世界の片隅に(後編) (アクションコミックス)

この世界の片隅に(後編) (アクションコミックス)

 
広告を非表示にする