Hold Fast that Which is Good

良きものをつかむために綴るブログです。皆様のレスポンスが何よりの活力になります。どうぞよろしく。

  follow us in feedly  


【厳選シリーズ】ねらわれた学園

このエントリーをはてなブックマークに追加
あとで読む

眉村卓原作・中村亮介監督作品

f:id:holdfast:20150608193702j:plain

今回のアニメーション映画は、最近観た中で限定版ブルーレイまで
持つに至るくらい気に入った、【厳選シリーズ】の2本目となる
2012年公開のねらわれた学園を取り上げます。

原作のねらわれた学園は1973年と、もう40年以上は前の作品で
薬師丸ひろ子さん主演の実写映画を始め、
映像化も今作が3度目と露出の多い作品ですが、
アニメーション映画版は原作の根幹だけ踏襲し、他はオリジナル・ストーリーと
なっています。

製作陣も豪華で、監督に元マッドハウス出身で魍魎の匣中村亮氏、
ヒロイン役の声優にAKB48渡辺麻友さん、
そして制作がサンライズ第8スタジオと、大物揃いです。
第8スタジオと言えば、今では飛ぶ鳥落とす勢いのラブライブ!
有名ですからね。

果たしてアニメーション映画版はどのような内容になっているのか、
今日はこの作品と深い因縁のある作品との紹介も踏まえつつ、
色々と書いていきたいと思います。

 

 

 

時をかける少女】との因縁

f:id:holdfast:20150608210843j:plain

アニメーション映画版の話よりも先に書いておきたいのは、
このねらわれた学園という作品は、常に時をかける少女という作品と
見比べられてきたという因縁めいた背景がある、ということです。

というのも、この両作品は原作者が全く違うのに気味が悪いくらい共通項が多く、

と、まるで姉妹作かと言わんばかりの様相を呈しているのです。
特に大林宣彦監督の実写映画化については、公開された年代も割と近く、
パートナー役の少年の役者がどちらも高柳良一さん、ということもあって
常に対比され続けてきたという事情があります。

アニメーション映画版の時をかける少女は、
私としてはアニメーション映画の中でTOP3に入るくらい大好きな作品なので、
そんな事情を知ってしまったら、ねらわれた学園も観ないわけにはいくまい、
ということで観ることに決めたわけです。

ただし、時かけは大林監督のも観たくらい好きなんですが、
ねら学は原作も大林監督の映画も観たことがなく、完全に初見の立場で観ました。
以下からのアニメーション映画版の話は、そのことを念頭に置いて
ご覧いただければと思います。

ねらわれた学園  ブルーレイ [Blu-ray]

ねらわれた学園 ブルーレイ [Blu-ray]

 

 

 

 

 出会いが運命を変える

f:id:holdfast:20150608220506j:plain

主人公の【ケンジ】こと【関ケンジ】はある日、不思議な人物と出会う場面から
物語は始まります。

 

f:id:holdfast:20150609154422j:plain

【京極】こと【京極リョウイチ】と名乗る少年が、何やら妙ちくりんな
砂時計らしきものを持って、「ここが、地球・・・」と意味深なことをつぶやきながら
現われるのです。

 

f:id:holdfast:20150608222044j:plain

この2人の出会いが、これからの大きな物語の全てのきっかけとなっていきます。

また、これとは別にケンジはもう1つの大きな出会いを実現します。
それが、自身が以前から恋心を抱いていたクラスメイト、
【カホリ】こと【春河カホリ】です。

 

f:id:holdfast:20150608223010j:plain

偶然の形でカホリとの出会いを実現したはいいものの、
同じ場所にいたカホリの友人で、ケンジの幼なじみでもある
【ナツキ】こと【涼浦ナツキ】社会の窓が全開だったことを指摘され、
『チャック空き男』呼ばわりされて、人生最良から最悪の日にされるという
散々な目に遭ってしまいますw

 

f:id:holdfast:20150608232738j:plain

ただし、ナツキは暴力的なシーンが多いが基本的にケンジのことが好きなので、
カホリに恋しているケンジについてはあまり快くない思いを抱いており、
ケンジから心ない一言を言われたりすると、ものすごく傷ついたりする
ナイーブな一面も持っています。

 

f:id:holdfast:20150608233319j:plain

映画はこの4人を主要キャラとして描かれていきます。
しかし、キーマンは突如としてケンジ達の学園に現れることとなる、この京極です。
一体、彼が現れたことでどう物語が展開されるのか、
それがこの映画の見せ場となっていくのです。

銀色飛行船

銀色飛行船

 

銀色飛行船

銀色飛行船

 

 

 

携帯電話は『不要』

f:id:holdfast:20150609155114j:plain

ケンジ達の学園では、【携帯電話】にまつわる事件が起こったことにより、
携帯電話を学内に持ち込むことはまかりならん、という動きが出ていました。
最初のうちはそんな状況でも携帯電話の是非を議論したり、
違反者にはそこそこの規制程度の話だったのですが、京極が動き出してからは
【持ち込んだ者は即刻出席停止】と罰則化してキツくなっていきます。

携帯電話というツールすごく不完全で、人生をごまかして生きていくための
下らない機械であり、もっと人の心の中を知る完全な方法がある故に不要である
という京極サイドの動きが、ねらわれた学園という映画の
タイトルの通り、学園が狙われる構図を見せ始めるのです。

ねらわれた学園 (1) (カドカワコミックス・エース)

ねらわれた学園 (1) (カドカワコミックス・エース)

 
ねらわれた学園 オリジナルサウンドトラック

ねらわれた学園 オリジナルサウンドトラック

 

 

 

【舞う】作品

f:id:holdfast:20150609165547j:plain

この映画、色々なものが【舞って】いきます。
冒頭から桜の花が現実ではあり得ない場面でも大量に舞いまくり、
映画の世界をひたすら幻想的にさせています。
(なんでこんなに舞う必要があるの?とは思いますw)

このあたりは、新海誠監督の秒速5センチメートルでも意識したのでしょうか。
(私、あの作品も観たんですがあまり好きじゃないので記事にはしないつもりです)

他にもシャボン玉やノートのページ、光の粒や羽も舞っていき、
そして人も・・・

 

 

まとめ

f:id:holdfast:20150609170824j:plain

全体を通して観ると、やはり時かけのような雰囲気が感じられ、
実際のところSF色があまりない恋愛ストーリーが主体なので
どうしても見比べてしまうものがあります。

そして、何より作画が良い、と言う以上にエロい!
仕草や立ちふるまい、表情とかもとにかく扇情的に描かれているので、
そういう意味では時かけ以上です。
個人的には非常にポイントが高い点ですねw

しかし、未だに私はこの映画のストーリーを完全には把握できていません。
見かけとは裏腹に、かなり難解なストーリーだと思います。
特にケンジが覚醒した後くらいからは訳がわからない部分が多いです。
私は、訳のわからないまま終わる映画ってあまり好きになれないんですが、
もしかしたらこれは原作を見ないとわからない話なのかもしれませんね。
実際、ケンジの祖父って原作での【関耕児】らしいですし。

それに、案外学園って狙われてなかったなあと思いましたw
これは完全に覚醒ケンジのせいでしょう。せっかく京極が場の緊張感を
高めてくれているのに、流れを完全にぶった切って「海行こうぜ!」ってw
京極以上に私が「え?」ですよ。置いてけぼり感半端ないです。

という悪しき点もあって時かけ以上の映画にはなり得ないですが、
でもこの映画は結果的にブルーレイを買うくらい気に入っています。
何故だか自分でもよくわからないのですが、とにかく何回かは観たい作品だと
思ったからです。

演技の方では、アイドルがアニメーション映画の声優をするというのは
普通なら懸念材料で歓迎できる要素ではないのですが、
渡辺麻友さんの場合は全くその懸念は必要なかったです。
むしろ抜群に上手かったので安心して観ることが出来ました。

作画、演技、音楽は超絶ハイクオリティ!
ジュブナイルで難解なストーリーが好きな方ならぜひオススメしたい作品です。

なお、完全生産限定のブルーレイ版は、特典として舞台挨拶や予告編集を
収録したDVDが1枚特製ブックレットに加え、
本編終了直後のストーリーを描いた20ページ程の絵本が付いています。
特に絵本はなかなか見応えのある内容で、ストーリーの訳のわからなさを
軽減してくれる程のものなのでオススメです。

サヨナラの橋

サヨナラの橋

  • 渡辺 麻友
  • J-Pop
  • ¥250

 

サヨナラの橋

サヨナラの橋

 

 

 

PS3ユーザーであれば・・・

ちなみに、PS3ですと【本編+完全版設定資料集】がセットになったブルーレイ
発売されています。
セットになっているにもかかわらず、今ではとんでもない安価なので
PS3ユーザーでまだ観ていない方はこっちが圧倒的にオススメです!

 

広告を非表示にする

【DESIRE remaster.ver】応援中!

長編アニメーション映画【planetarian】応援中!