読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hold Fast that Which is Good

良きものをつかむために綴るブログです。皆様のレスポンスが何よりの活力になります。どうぞよろしく。

  follow us in feedly  


Eastern Sun - 新しい生活

雑記 Android
このエントリーをはてなブックマークに追加
あとで読む

新しい生活

f:id:holdfast:20150719185909j:plain

改めまして、海外に引っ越ししました!

 

現地に越して4日が経過しました。
今もなお、家はダンボールと梱包材だらけのハリボテ状態です。
これから20箱はあるダンボールを片していくと思うと軽く死ねそうですw
液晶ディスプレイとPS3を設置したいんですが、本棚がない(買うの忘れたw)
ので、機器類のちゃんとした置き場所がなく、まだ設置出来ない有り様です。

他にもインフラは整えないといけないとか、地理を把握しなければならないとか、
日本とは正反対の、左ハンドル・右側通行の環境で車の運転ができるように
ならなければならないなど、やることがあり過ぎて毎日体がしんどいですw

とまあ、ごちゃごちゃしっ放しの毎日ですが、
忙しくも充実しているので、精神的には良好な日々を送ることが出来ています。
今はまだ、私がどこの国に移ったのかはお知らせできないんですが、
農場が上手く回って落ち着けたら、自己紹介ページを作り直すので
その時同時に公開いたします。

 

ちなみに上の画像は昨日現地で観光がてらに撮ったもので、
私は飛行機には全く詳しくないんですが、実物だそうです。
(名前すら知らないですが、最も大きかったので撮影w)
実はこの画像、現地で入手した新しいスマートフォンで撮影しました。

 

今回は現地に移って変わったことや日本ではあり得なかったこと等を
公開出来る範囲で書いていきたいと思います。

ちなみに、農場が安定した後には、完全版として内容を大幅刷新した
記事を書く予定です。

Eastern Sun

Eastern Sun

  • Zeno
  • メタル
  • ¥200

 

 

スマートフォンを新調

f:id:holdfast:20150719175104j:plain

 

まずはこれから紹介したいと思います。
この度、私は現地用のスマートフォンを新たに持つことになりました!

その機種とは、LG G4 Genuine Leather Sky Blueです!

それでは、この機種と日本での私の端末であるHTL21とを比べてみましょう!

 

  LG G4 HTC J butterfly HTL21
OS Android 5.1 Android 4.1
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約76×149×6.3
(最厚部約9.8)ミリ
約71×143×9.2
(最厚部約9.2)ミリ
重量 約155g 約140g
プロセッサ Qualcomm Snapdragon808/1.8GHz×2+1.44GHz×4
ヘキサコア
Qualcomm Snapdragon APQ8064/1.5GHz×4
クアッドコア
ディスプレイ

約5.5型クアッドHD Quantium Display
IPS液晶
(1440×2560ピクセル、538ppi)

約5型フルHD液晶
(1080×1920ピクセル、441ppi)
連続通話時間 約840分(LTE) VoLTE対応 約750分
連続待受時間 約440時間
LTE
LTE:約270時間
3G:約360時間
バッテリー容量 3000mAh 2020mAh
メインカメラ 有効約2020万画素 F値1.8
3軸光学式
有効約800万画素
インカメラ 有効約800万画素 F値2.0 有効約210万画素
ストレージ 32GB 16GB
メインメモリ 3GB 2GB
外部メモリ microSDXC
(最大2TB)
microSDHC
(最大32GB)
防水

○(IPX5)

防塵

ワンセグ ○(アンテナ内蔵)
フルセグ
おサイフケータイ
NFC
4G LTE ○(下り最大300Mbps) ○(下り最大75Mbps)
WiMAX 2+
キャリアアグリゲーション
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth ver.4.1 ver.4.0
赤外線通信

 

ご覧のように、今回の端末は海外の端末なので、日本独自の機能には
全く対応していないのが大きな差異となります。
防水や防塵がないのは結構痛いですが、素晴らしい基本性能がそれを補って余りある
出来なので満足しています!
【ヘキサコア】という特殊なCPU構成で、最高の性能ではないですが、
スナドラ810を見事に回避するしたたかさが素敵な1台ですw
実際問題、全く熱くありません。

バッテリーは3000mAh、メインカメラが2000万画素以上、RAMが3GBと
初代butterflyよりも圧倒的にパワーアップしていて非常に嬉しいですが、
注目すべきは、外部メモリのmicroSD、最大2TBて!
何ですかこれは!?こんなmicroSDが世の中に存在しているとは思えませんがw
流石はLG、規格外の視野をお持ちのようです。

 

f:id:holdfast:20150719191548j:plain

こちらが実物です。この水色が気に入って、見た瞬間即決しました。
少し湾曲型になっているのが特徴で、意外に持ちやすいです。
しかも本革仕様の上に着脱が可能!よってバッテリー交換が可能!
交換可能というのが本当に嬉しいです。さらに初めからバッテリーが2つ
入っていて、バッテリーを買う必要が全くなくなったのも大いに高評価です。

実はこの本革仕様、ケースを付けた状態ではなく、裸運用でこれなのです!
かなりおしゃれなのはいいのですが、雨の日は気をつけないといけませんね。
別途ケースは付けた方が良いかもしれないと思っているところです。

 

f:id:holdfast:20150719191925j:plain

あと、もの凄く特殊なのが、背面に電源ボタンと音量ボタンが付いていることです。
正直、使いにくいです。普通に側面が好ましいです。まあ慣れるしかないですね。

 

ちなみに、言語は日本語が初めから設定可能でした。
これは、買った時からSIMフリー端末であるが故の恩恵というやつで、
システム言語から変更することが出来るのです。
よって現地語と日本語の両立が可能で、
Googleアカウントも現地と日本のアカウントを両立させています。

アカウントを両立させて気づいたこととして、
【現地アカウントだと、ドラクエのアプリが全てダウンロード出来ない!】

これは完全に想定外でしたが、日本アカウントを引っ張り出して両立させると、
無事ダウンロード、インストール出来ました。
これについては完全版を書く時に詳しく説明出来ることと思いますが、
とにかく、日本のアカウントと現地のアカウントを両立して使えば、
お互いの国限定のアプリでも問題なく使える、ということです。

 

カメラ機能ですが、最初の飛行機の画像を撮影した時、
元の画像サイズが5312×2988とかいう意味の分からないサイズだったので、
かなりリサイズすることとなりました。
元データは6MBもあったので、そんなのをブログにアップするわけにはいきません。

ちなみに、この端末は【RAWデータ撮影】が可能だそうです。
このRAWデータ、最近良く見聞きする言葉ですが、私はカメラには疎く、
存じなかったので後で調べてみる必要がありそうです。
一眼レフカメラではよく使われている技術だそうですが、何が出来るのでしょうか。

 

 

なお、このLG G4は、日本ではauからisai vividとして発売されています。
しかし、性能面ではかなり差異があり、同一機では決してないので注意です。
こちらは防水・防塵に対応しているのでかなり魅力的です。

 

 

 

 

変わった環境

f:id:holdfast:20150719232859j:plain

次は大ざっぱな内容になりますが、
現地に住んで明らかに日本と比べて変わったことをいくつかご紹介します。

 

初のユニットバス、しかも何故か2つ

f:id:holdfast:20150719235447j:plain

これは新居でのことですが、
私としては初めて、ユニットバスを実装した家に住むことになりました。

それだけなら特に話題にする必要はないのですが、
この家、何故かユニットバスが2つありますw

何故かと聞いたら「そういうもんだ」という大変ありがたい返答をいただきましたw
もう考えるのはやめることにしましたw
まあ、誰かが1つ使っていても、もう片方が空いているだろうから
トイレ待ちはなさそうで助かります。

そう言えばスマートフォンも2つ持つことになったので、
管理が大変になった気がします。
何でも数が多ければいいってものではないですね。

 

 

インターネットが500Mbpsの光回線に変更

f:id:holdfast:20150720000244j:plain

前回の記事でもちょっとだけ触れましたが、
現地に着いた初日に、突貫でインターネットだけは開通させました。
日本では100Mbpsの光回線でしたが、なんと5倍の500Mbps光回線
グレードアップしました。

500Mbpsなんて、日本の場合一般家庭の環境ではあまり聞いたことがありません。
強いて言えば企業向けくらいなものかと思いますが、とにかく速度アップは
本当にありがたいことです。
実際、日本より倍以上は速くなった感じがします。

ただし、Wi-Fiの速度は日本の方が若干速かったような気がします。
この家、想像以上に壁が電波を遮断してしまうようで、現在対策中です。
2.4GHz5GHzを両立させていますが、今のところは2.4GHzの方が安定している
ので、何とか5GHzを活かしたいと思っています。

 

 

一部の日本のWebサイトが閲覧不可になった

f:id:holdfast:20150720001721j:plain

これは想定していたことでしたが、国が変わったことで、
一部の日本のWebサイトが閲覧できなくなってしまいました。

そのサイト自体が日本以外のアクセスを規制・遮断しているからによるもので、
実際に遭遇してみるとかなりウザいものです。
それも自分がよく閲覧するサイトであることから、何としても回避しようと
思えてきます。

 

そこで、このような規制を喰らった場合に有効なのが、VPN接続】です。

 

VPNとは、【Virtual Private Network】のことで、
要は【まるで(日本から)直接接続しているかのようにネットワークを利用出来る】
機能のことを言います。

元々はセキュリティ向上のための技術ですが、
このように本来のネットワークの接続場所を任意に変更(偽装)出来るのが
最大のメリットとなっています。

しかし、VPNは基本的に自前で用意したり、有料サービスを利用するのが
最適とされているので、導入には敷居が高いのも事実です。
ところが、最近では以下のような無料で利用出来るVPNも存在します。

 

そのVPNというのが、知る人ぞ知る、VPN Gateです。
これは筑波大学学術実験として、無料で公開されたVPNサーバーを利用して
VPN接続を可能にするという、誠にありがたいサービスなのです。

これを使ったら、上の画像のようなことにはならず、目的のページが表示されます。
いちいちVPN接続しなければならない面倒がありますが、そこは仕方ないと
割り切るしかないです。

 

ただし!VPN Gateは無料公開されたVPNのため、セキュリティに難があります。
VPN Gate経由で銀行やカード決済、個人情報入力画面を含むサイトのログイン
等は、間違っても行わない方が身のためです。
ただのサイト閲覧程度にとどめておくのが吉でしょう。

 

他にも沢山あるんですが、それはまた完全版とかの別の機会で書こうと思います。 

海外移住のススメ―週刊東洋経済eビジネス新書No.85

海外移住のススメ―週刊東洋経済eビジネス新書No.85

 

 

 

まとめ

f:id:holdfast:20150720005437j:plain

まあとにかくやること満載で大変な毎日です。
実はこの記事は現地に着いた初日から書いているため、執筆に4日もかけていますw
ストック記事を出せばいいものを、
まずは現況報告が先だと思って何とか書きました。

それだけ記事を書く時間が取れなくなりつつあるのですが、
新しいスマートフォンLG G4Android 5.1のため、
はてなブログのアプリから【見たまま編集】で記事作成が可能となったことで、
これからはモバイル端末でも記事を少しずつ書いていけるな、と思っています。

 

月曜からは車の運転、農場での初仕事、お世話になる人達への挨拶回り等
なかなかのハードスケジュールですが、「無理だけは絶対するなよ」
現地からも言われているので、そのように過ごしていきたいと思います。

 

全ては良きものをつかむために!
死なない程度に頑張ってまいります。

 

Zeno

Zeno

 

 

Zeno

Zeno

  • Zeno
  • メタル
  • ¥1650

 

広告を非表示にする

【DESIRE remaster.ver】応援中!

長編アニメーション映画【planetarian】応援中!