Hold Fast that Which is Good

良きものをつかむために綴るブログです。皆様のレスポンスが何よりの活力になります。どうぞよろしく。

  follow us in feedly  


Speedy's Coming - はてなブログ活動記録2

このエントリーをはてなブックマークに追加
あとで読む

ブログを開設して4ヶ月

f:id:holdfast:20150831233630j:plain

ブログを開設して4ヶ月となりました!
私としては、ついこの間カスタマイズ記録を書いたような気がしますが、
それから何だかあっという間に1ヶ月が経ったということで
時の流れがえらい早いように感じます。

8月はリアルがシャレにならない程多忙を極め、ブログの更新回数も10回
今までにない少なさでしたが、何とか2ケタ更新は保てた格好でした。
その代わりにカスタマイズやSEO対策は一切していないので、
今回は活動報告の方をしていきたいと思っています。

 

前回の活動記録は【注目のブログ】としてピックアップされるまでに至りましたが、
今回も普段なら書かないことについても、色々と言及していきます。

非農家出身者のための脱サラ就農の真実

非農家出身者のための脱サラ就農の真実

 
Speedy's Coming

Speedy's Coming

 

 

8月のブログを振り返る

f:id:holdfast:20150831233651j:plain

8月は記事の更新回数が少なかったことも影響したのか、ページビューは2,542
先月よりアクセス数は少なくなりました。
「まあ減ることもあるだろうな」とは思いましたが、
正直今回の結果は平穏な気持ちでは済まされない一面もあります。

と言うのはこの8月からブログランキングに参加し、更なるアクセスアップを
図ったという背景があったにもかかわらず、むしろ減ったというのはどういうことだと
思わずにはいられないからです。
まあアクセス減少の原因は色々とあるでしょうし、ブログランキングに参加すれば
必ずアクセス数が増加するという保証などないのですが、
一方で効果自体が本当に存在するのかどうかという疑問点も持ち上がっています。
これを突き詰めるとはてなブログって本当にSEOに強いブログなの?」という話に
なりかねないので、取り敢えず9月の動向次第で対応していこうかなと考えています。

 

f:id:holdfast:20150901174134j:plain

そして、この8月はもう1つ大きな変化がありました。
なんと、このブログをアクセスしている全体の約6割がモバイル端末になりました!
画像にもありますように、Androidが31%iOSが27%ということになっており、
それまでずっとTOPだったMacは12%と大幅に低下してしまいました。

これは本当に想定外でして、モバイル端末でこのブログにアクセスするということは、
約6割の方があの何らカスタマイズされていない貧相なモバイル版のブログ
見ているということになるわけで、
PC版で今までせっせとカスタマイズしてきた私としては結構複雑なものがあります。
それまでPCが全体の6割だったのが1ヶ月で逆転してしまったわけですから、
この点についても今後何らかの対策をしていきたいと思っています。

 

f:id:holdfast:20150831174602j:plain

さて、このブログのどの記事が最もアクセスされているかを見ていこうと思いますが、
Google検索の流入で、TOPは【私がPS4を未だに持っていない理由】となりました。
今まではほとんどずっとbutterflyの記事がTOPだっただけに、
この変化も正直予想していない意外な変化と言えます。

 

この記事を書いたのはもう3ヶ月も前で、E3の前に書いたものなんですが、
結構PS4をボロクソに書いた記事なんですよね、これw

体裁こそなるべく丁寧に書いてはいるんですが、
ぶっちゃけると「こんなしょーもないのが4万はないわー」という感じで
私の思いの丈を書き殴ったので、このブログにしては結構珍しいタイプの記事です。
それがアクセスにつながったのかは不明ですが、
スターもシェアもされていない3ヶ月前のこの記事がTOPとなると
思い当たるのはそれくらいしかないですw

 

f:id:holdfast:20150831213155j:plain

こちらの画像はYahoo検索での流入ですが、ここでもPS4の記事がTOPです。
しかし次点でトムは真夜中の庭での記事が上がっており、児童文学についての
関心が高いようであると見受けられるので、個人的にはかなり嬉しいです。
児童文学については今後も記事をアップしていく予定でおりますので、
ぜひお楽しみいただけたらと思います。

 

アフィリエイトについてですが、これについてはあまりにもしょっぱい数字なので
公開は差し控えさせていただきますw
はっきり言いまして、てんで話にならないレベルなので
「この調子では一生はてなブログProにすることはあるまい」とすら思う程です。

以上、ブログとしては辛酸を嘗めるような1ヶ月でしたが
その代わりリアルが充実しつつあるので、今後もめげずに励む所存です。

今すぐ使えるかんたんEx アフィリエイト 本気で稼げる! プロ技セレクション

今すぐ使えるかんたんEx アフィリエイト 本気で稼げる! プロ技セレクション

 

 

 

スマート農業とIoT

f:id:holdfast:20150831221431j:plain

さて、ここでは私のリアルの仕事について少し書いてみようと思います。
以前にも書いたことがありますが、私は農業従事者として仕事をするとは言え、
上の画像からも想像できるような朝早くから夜遅くまで体に鞭打つような在来式農業を
するつもりはなく、【スマート農業】(ICT農業)に取り組んでいます。

 

上の記事にもありますように、スマート農業とは今までしんどい思いをせざるを
得なかった農作業のほぼ全てを、機械で自動化して任せてしまうというものです。
これにより、体に鞭打って農作業する必要がなくなり、しかもノウハウや技術が
なくても有機農業まで出来ることになるので、実にボロ儲け出来るという訳です。

「馬鹿でも出来る農業だ、心配する必要はない!と、現地の農場を経営する
農家歴6~7年の私の叔父はそう豪語しますw
あまりにもすることがないから、機械が動いている間は、自分達は他の仕事
(農業に限らなくても良い)とかをすればいい、という新たな将来設計をする
チャンスも生まれてくるのです。

私としてもまさに魅力的としか思えない素晴らしい話で、現在見習いの立場から
必死に食らいついて仕事&勉強をさせてもらっています。
実際、先日うちに先立ってスマート農業を展開している、叔父のパートナーである
A社長の農場を視察しに行ったのですが、ほぼ手伝いすら不要な程、機械が全部作業を
行っていましたw

A社長は「仕事中だ!」と主張していましたが、その割には誰がどう見ても
テレビで歌謡番組を見ながら農場内の監視カメラの映像を映していただけでしたw
つまり何ら体を酷使していないので、超楽そうにしか見えませんw
でもそんな仕事しているかどうかも怪しいこのA社長も、
すでに何億も稼いでいますので全く以て馬鹿に出来るはずもない凄い人です。

 

f:id:holdfast:20150831225457j:plain

しかしこんな農業、今まで想像したことがあったでしょうか?
農作業は機械に任せて自分はまったりくつろげる農業があるなんて誰が信じるか、と
一時期私でもそう思っていたくらいです。

でも今はもうすでにそういう時代なんです。
「もはや朝早くから夜遅くまで毎日休みなしのキツい農作業などナンセンス」とか
言われる日が来るかもしれないのです。
実際、スマート農業ならば70代の老人ですら1人で全て出来て20~30億も稼げてしまう
ので、これを知ったら誰が昔の農業なんぞしたいと思うか、っていう話なのです。
さすがに昔ながらのやり方を全否定するという話ではないですが、
私も在来式農業なんて1ミクロンたりともしたいとは思いませんし。

これからはスマート農業のような、いわゆるネットの技術を最大限に活かして
物を作るシステム、【Internet of Things(IoT)】の時代が本格的に始まるでしょう。
新しいシステムなんて毎日毎日どこかしらで出来上がっているのです。
知っている人と知らない人では膨大な格差が生じるのは当然で、知っている人の中でも
スピード感の有無によって格差はいくらでも生じます。
何時の世も、金を稼ぐ人というのは
【誰かにあれこれ言われる前からもうとっくにしている人】なのですから。

スマート農業―農業・農村のイノベーションとサスティナビリティ

スマート農業―農業・農村のイノベーションとサスティナビリティ

 

 

 

ミニマリストについて

f:id:holdfast:20150901103957j:plain

このブログの読者の方のブログを初め、はてなブログ界隈ではよく
ミニマリストなるワードを目にします。
【注目のブログ】としてこのテーマを取り上げるブログが数多くピックアップされる
こともあります。
しかし私としては、はてなブログでブログを始めるまでは
見たことも聞いたこともない言葉だったので、
最初はFFの魔法か何かかと思いましたが、どうやらライフスタイルの一種みたいです。

 

ミニマリストとは【最小限主義者】、つまり必要以上の物は持たず、最小限の環境で
過ごすというNHKですら取り上げる程注目されている造語、とのことです。
要は節約志向の話ですね。
まあ今は不景気ですから、物にいちいちそんなに金をかけていられないといった事情も
あるのでしょう。これはこれで確かに1つの考え方であるとは思います。

しかし、私にはどうやら無縁、というより考えるにも値しない話です。
物を持つか持たないか、などというのは私の人生には何の重要性も感じないですし、
そんなことよりも他に成すべきことが山程あるからです。

物事には何事にも【適度と限度】というものがあります。
何か1つのことを極めるからといって、それで何から何まで全てが上手くいって
幸せになれる程、世の中はそう単純には出来ていません。

物を持たなければ絶対間違いなく人生豊かになれる、などという保証はないですし、
物を持ちまくったからといって100%絶望のどん底に突き落とされる
とは言い切れません。
大か小かの問題ではなく、重要なのは【如何に人生を楽しく過ごせるか】なので
そこに物が入り込む余地などほんの微々たるものだ、というのが私の考えです。

 

f:id:holdfast:20150901173109j:plain

先述の叔父が面白いことを言っていました。
「節約志向の奴は、決して心が豊かにはなれない」と。
流石は元国家公務員で元貿易会社社長、現農場経営者で世界中を飛び回った
叔父の一言には重みを感じます。
私は最初、
「いや、それは人それぞれじゃないですか?価値観の問題だと思いますし」
言ったのですが、叔父はすかさず
「適度がわかっていればいい。だが節約が過ぎると人は非常に内向的になりやすい。
 そういう奴は思い切った行動をすることにもまずつながらんから、
 人生に新鮮さを求めることも出来ない」と言い切ったのです。

確かにそうかもしれないと私は思いました。
私も叔父も物に執着もしないが放任もしない方針なので、
適材適所に物が必要となれば迷いなく大人買いすることだってあります。
でも【散財しろ】とは言っていないのですから、そのあたりのバランスが必要なだけの
話だということです(余計なお世話かもしれませんが)。

おそらくミニマリストの記事を定期的に書いていけば、
今よりもこのブログのアクセス数が増える可能性は高くなるとは思いますが、
自分の感性にはそぐわない記事を書く気はないので、
今後は余程のことがない限り書くことはないでしょう。
ミニマリストを目指したい人は好きに目指せばいい話なので、
そこに私が加わることはない、というだけのことです。

 

 

そう言えば似た意味の言葉として【シンプルライフ】というのもあるようなんですが、
私にとって【シンプルライフ】という言葉は、ライフスタイルではなく
【服のブランド】になってしまいますのでどうぞご了承下さいw
私、ここのブランドの服がお気に入りでよく着ますのでw

減らす技術 新装版

減らす技術 新装版

 

 

 

まとめ

f:id:holdfast:20150901173048j:plain

今回は色々なテーマについて深めに突っ込んでお送りしました。
いつか書こうと思っていたことを書けたので、一応は体裁を整えることが出来たかなと
思っています。

上の画像は現地での私の端末である【LG G4】に別売りのケースをつけたものです。
先程のミニマリストの話ではないですが、このケースを一目見て気にいった私は
2,500円程度で即買いしました。
現地に入ってからは何かと物を買う状況も増え、仕事にも就いたので
こういう物も割とあっさり買ってしまったりしています。

9月になって現地はまるでのような涼しさになっており、
過ごしやすくて嬉しくなりつつも時の流れの早さに驚きます。
この9月中、私は数日間の一時帰国をする予定でおります。
ここ最近、日本がどうなっているかをあまり知らないので、帰った際は
色々と見て回るのも悪くないかな、と思っています。

9月も何だかんだで忙しくなるのが目に見えていますが、
今後ともこのブログをよろしくお願いします!

電撃の蠍団~フライ・トゥ・ザ・レインボウ(紙ジャケット仕様)

電撃の蠍団~フライ・トゥ・ザ・レインボウ(紙ジャケット仕様)

 
蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ

蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ

 

 

広告を非表示にする

【DESIRE remaster.ver】応援中!

長編アニメーション映画【planetarian】応援中!