Hold Fast that Which is Good

良きものをつかむために綴るブログです。皆様のレスポンスが何よりの活力になります。どうぞよろしく。

  follow us in feedly  


【思い出のマーニー】アカデミー賞ノミネート

このエントリーをはてなブックマークに追加
あとで読む

まさかのノミネート!

f:id:holdfast:20160118191102j:plain

皆さん、とんでもないことになりました!
このブログ誕生のきっかけとなり、最高の映画ということで都度ご紹介してきた
スタジオジブリの長編アニメーション映画、思い出のマーニー
なんと、アカデミー賞にノミネートされました!

このニュース自体は数日前のことらしいなのですが、
実は私、ここ1週間程農場に出ずっぱりで、日本のニュースを全くチェック
出来なかったので全然知りませんでした。
知ったのは久々にこのブログに来たコメントにてです。

今回はこれを機に少しこの映画についてまた触れてみようかと思いますが、
映画の内容については過去記事で散々語っているので、いつもとは違った
観点で書いてみようかと思います。

 

 

ノミネートされるということ

f:id:holdfast:20160118204848j:plain

まずは映画がアカデミー賞にノミネートされるということがどういうことかを
書いておく必要があるでしょう。

「受賞したわけじゃないのにそんなに騒ぐことか?」と思われるかもしれませんが、
アカデミー賞にノミネートされるということ自体が、実に名誉あることなのです。
ノミネートされるには、事前に【アメリカで上映されていること】
【ノミネート選考対象に選ばれること】の2つが必要です。
選考対象に選ばれること自体も大変なのに、ノミネートとなるともっと狭き門なので
ノミネートされた時点ですでに勝ち組と言っていい扱いとなるのです。

つまり、マーニーは今回の件で【そこいらの小粒映画】という範疇から抜け出た
【稀代の名作の仲間入り】ということになります。
少なくともアカデミー賞にノミネートされた日本映画】ということで
今後歴史にも残ります。

今回、この映画は【長編アニメーション部門でノミネートされています。
これは以前、同じジブリ映画の千と千尋の神隠しが受賞して以降は
未だ日本のアニメーション映画では受賞作品がない有様です。
もしマーニーが受賞すれば13年ぶりの大快挙となるだけに
ここまで来たならぜひ受賞していただきたいものです!

 

 

受賞の可能性は?

f:id:holdfast:20160118214230j:plain

とは言え、日本アカデミー賞ですら最優秀賞を取れなかったこの作品が
本場のアカデミー賞を取れるのか、という疑問はやはりあります。
アメリカでも上映はされたものの、興行成績は振るわなかったようですから、
ぶっちゃけ受賞の可能性はかなり低いのではないかと私も思います。

その上、今回の長編アニメーション部門は、ピクサー映画の
インサイド・ヘッドが超絶筆頭と言われているからです。

アメリカ国内の世相が色濃く反映されるに決まっている賞なので、
いくらジブリ映画でもピクサー相手では非常に厳しい局面を迎えることは必至です。
それにインサイド・ヘッドはすでにゴールデングローブ賞を受賞している程の
実績を持ち合わせているので、なおキツいでしょうね。
(私この作品観ていませんけどw)

まあ、アニー賞を受賞することが出来たらワンチャンあるのではないでしょうか。
いずれにせよ、授与式当日が楽しみです。

 

 

まとめ

f:id:holdfast:20160119203712j:plain

でも何だかんだ言って、アカデミー賞ノミネートなんてどう考えてもすごい話です。
全く想定していなかった次元の話なので本当に嬉しい話です。
【宮﨑駿・高畑勲の力がなくともアカデミー賞ノミネートは可能】ということは
実証されましたので、
米林監督をはじめとした制作スタッフの皆さんは本当に嬉しいことでしょう。

授与式には監督も出席されることでしょうから注目してみようと思います。
授与式は現地時間の2月28日です。

思い出のマーニー [DVD]
 

 

広告を非表示にする

【DESIRE remaster.ver】応援中!

長編アニメーション映画【planetarian】応援中!