読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hold Fast that Which is Good

良きものをつかむために綴るブログです。皆様のレスポンスが何よりの活力になります。どうぞよろしく。

  follow us in feedly  


クレジットカードもどき

雑記
このエントリーをはてなブックマークに追加
あとで読む

海外暮らしの弊害

クレジットカードもどき

早いもので、私が海外暮らしを始めて1年以上経ちました。
現地では農業従事者として、自分たちの農場を運営し、忙しい毎日を過ごしています。

しかし一方、海外暮らしは様々な弊害を私にもたらしています。
生活するに必要なサービスが一部受けられないといった不便もありますが、
何よりキツいのは【日本では無職なので社会的信用がゼロ】というものです。

このことにより、私はクレジットカードが使えない立場となってしまい、
この1年は日本での買い物で決済手段がカード専用だった場合、
親のを借りて使う等、何かと周囲に迷惑かけっぱなしな状況が続いていました。

しかし、最近になってこの諸問題を解決することが出来る手段が2つも
出てきまして、ようやく肩の荷が下りた格好となりました。
その手段というのが、【クレジットカードもどき】という方法です。

今回はこのクレジットカードもどきについて色々書いていこうと思います。

にちようび

にちようび

  • ジッタリン・ジン
  • J-Pop
  • ¥150

 

 

プリペイドカード(au wallet)

au wallet

まずは現在私が持っているクレジットカードもどきをご紹介します。
それが上の画像の、au wallet】です。

auユーザーであれば使えるカードで、カード自体にお金をチャージして使う
プリペイドカードの形をとっています。
公共交通機関のカードと仕組みは一緒です。

去年から持っていたカードではあるのですが、
当初は「これがあればPSNでチャージやZ指定が買える」と聞いたから
PSNのためだけに取得したカードでした。
なので、これがネットショッピングでも使えると知ったのは、つい1ヶ月ほど前ですw

取得するのにクレジットカードのような審査はありませんので、
学生ですら持てるカードとなっています。

画像が示すように、このカードはMasterCardが使える店ならばどこでも使えるので、
その有用ぶりは想像するまでもないかと思います。
Amazon楽天といった大手ネットショップも問題なく使えますし、
先のPSNだって何の支障なく使えます。

Amazonプライム

その上、Amazonプライムにクレジットカード以外で会員になれる唯一の手段
でもあります。
これは大変大きなメリットと言えるでしょう。
最近のプライム会員への優遇っぷりは傍目から見てもヤバいので
Amazonユーザーの方は注目して損はないのかもしれません。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

 

 

デビットカード

デビットカード

次に紹介するもどきは、デビットカードというものです。
これはプリペイドカードとは違い、銀行が発行したカードであるため、
その銀行の口座を持ち、かつ口座に入っている金額を限度額として使えるカード
となります。
つまりチャージという概念が基本的になく、さらにプリペイドカードよりも
限度額を高く出来る、使い勝手の良いカードとなります。

デビットカードはVisaが主流で、Visaが使える店ならばどこでも使えます。
取得に審査がないのはプリペイドカードと同様です。
ただデビットカードは、銀行のキャッシュカードとしての役割も兼ねているため、
カードには口座番号まで書かれているのが特徴です。

au walletと同様、大手ネットショップやPSNも問題なく使えますし、
中にはau walletでは利用出来ないPayPalといったのも使えたりすることで、
プリペイドカードと差別化を図ることも出来ます。

まあ、プリペイドカードとデビットカード両方持てば、大抵の所で
使えるようになるのではないでしょうか。

 

 

出来ないこと

f:id:holdfast:20160724173846j:plain

とは言え、いくら利便性があっても所詮はもどき。
本物に勝てる道理はないので、当然クレジットカードよりも敵わない要素があるのを
理解する必要があります。

まず、もどきは現金と同様一括即金支払いのみであり、分割やリボ払いが出来ません。
これは当たり前の話で、分割とかリボ払いといった【後払い方式】
基本、社会的信用があってこそ出来ること。
いわゆる【ツケ】なのですから、信用のない奴に誰がツケを許すのか?って話です。

審査がなく、学生ですら持てるカードというのは
逆に言えば【社会的信用がゼロの奴でも持てるカード】なのですから、
そのようなカードにクレジットカードと同じような立ち位置など
成り得るわけがないのです。

 

そして、後払いが出来ないという事実が、
相当数の店やサービスの利用時に使えないことを意味します。
具体的には、まずETCは絶対に使えません。
さらに、月額決済を必要とするサービスもほとんどアウトです。
最近注目されている【格安SIM】も使えない可能性が大です。

 

その上、クレジットカードでは当たり前のようにある【還元率】もすこぶる悪いです。
クレジットカードには利用金額の1~3%がポイントやらキャッシュバックやらで
相当額が戻ってくるシステムがありますが、
これがもどきになると0.2~0.5%くらいしかないので、あまり旨みがないです。

これら数々のデメリットがあるから【もどき】なのですが、
クレジットカードを持てない人には有効活用が期待出来るカードであることは違いない
ので、選択肢の一つとしてはありなのではないでしょうか。

 

 

まとめ

f:id:holdfast:20160724204027j:plain

時代は変わりました。
今はクレジットカードを持っていなくてもクレジット決済が出来る時代なのです。
ちょっと前までは考えられなかった話です。

私もクレジットカードだったら際限なしに使いまくる可能性があるからヤバいかも、と
思っていましたが、もどきなら使い過ぎの防止がしやすいシステムなので
安心感があります。

 

余談ですが、現地ではクレジットカードよりももどきの方が利用率が高く、
場合によっては還元率も高いことがあります。
その上、現地は圧倒的カード社会で、日本のような現金支払いは
ほとんど見かけるものではありません。

まあ日本もそうなれ、という話ではないですが
ともあれまた1つこうして便利な手段が出てきた事自体が私にはありがたい話です。
これからもっといろんなものが便利に、楽になってくれることを望みます。

 

広告を非表示にする

【DESIRE remaster.ver】応援中!

長編アニメーション映画【planetarian】応援中!