Hold Fast that Which is Good

良きものをつかむために綴るブログです。皆様のレスポンスが何よりの活力になります。どうぞよろしく。

  follow us in feedly  


魔女、ふたたび。

このエントリーをはてなブックマークに追加
あとで読む

米林宏昌監督が最新作を発表!

メアリと魔女の花

 

待ってましたよ米林監督!
今からが楽しみでなりません!

 

世界最強のアニメーション映画にして、アカデミー賞ノミネート作品にまでなった
思い出のマーニーを制作された元スタジオジブリ米林宏昌監督が
本日、完全新作アニメーション映画を発表しました!

 

その名も、メアリと魔女の花】!

 

メアリと魔女の花 原作 The Little Broomstick

 

原作は1971年にメアリー・スチュアートによって書かれた
小さな魔法のほうきという、イギリスの児童文学です。
米林監督がイギリスの児童文学をアニメーション映画化するのは
これで3回目となります。

 

メアリと魔女の花

 

制作陣は嬉しいことにマーニーの製作にも関わった名前を確認できます。
まず、プロデューサーが西村義明さん、そして音楽は村松崇継さんと
マーニーの時と全く同じ顔ぶれです。
しかしながら、今回はジブリ作品ではないという体裁なので、
それはつまりジブリブランドを活かすことはできないわけですから、
制作陣の本当の実力がわかる作品になることと思います。

 

メアリと魔女の花 トレイラー

まあそれでもぶっちゃけ、魔女の宅急便を強烈に意識した作風としか
今は判断しようがないのですが、あのマーニーを作った米林監督のことです、
きっと強烈に面白い作品にしてくれることでしょう。
監督こそが唯一、私が世界で最も優れたアニメーション映画監督であると思っている
近藤喜文監督を超えることができるかもしれない方なので尚更です。

以前から監督は次回作について、「マーニーと真逆路線にしたい」
明言されていましたので、アグレッシブあふれる【動】の映画を期待したいです。

【静】の映画は今、他作品で堪能中ですので、
それを楽しんだ頃にはアグレッシブな映画が観たいと思っている頃でしょう。
来年の夏が楽しみになってきました。

ただでさえ今年の夏に観た映画が期待外れもいいところで、映画館不信にまで
なってしまったことから、このもやもや感を米林監督が払拭してくれることを
切に望みたいと思います。