いんすと!

良きものをつかむために綴るブログです。皆様のレスポンスが何よりの活力になります。どうぞよろしく。

  follow us in feedly  


2017年にプレイしたアドベンチャーゲームレビュー【和ゲー編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
あとで読む

時は可逆、歴史は不可逆

reflector device

今回は和ゲー編です。
ここで取り上げる和ゲーは専らギャルゲーとなります。

未だに世界一面白い最高傑作EVE burst errorを超える作品が出てこないことは
実に嘆かわしいことなんですが、それでもいつかは出てきてくれるだろうと信じて
昨年、2017年も色々とプレイしてきました。

 

何と言っても2017年は私が「このゲームのためにPS4を買った」という大作が
やっと世に出てくれた年でもありましたので、
そのことも含め色々とレビューしていこうと思います。

 

EVE burst error R

EVE burst error R

 
EVE Burst error R - PS Vita

EVE Burst error R - PS Vita

 

 

 

俺たちに翼はない

 

 

俺たちに翼はない (通常版) - PS3

俺たちに翼はない (通常版) - PS3

 

 

まずは2017年にもかかわらずPS3でプレイしたものから。
いつだったか忘れましたが、DL版がセールで安くなっていた時があって
なんとなく買ったものです。

 

んでやってみたはいいですが、マジだるかった!w

もう言うほど面白くない話が多くダラダラ長いんで、ただただキツかったです。
特に隼人編はもう二度とやりたくないw
ギャルゲーをしてるはずなのに、なぜ糞ジャリ共が延々とフカシあってるのを
見せつけられなきゃならんのか理解不能ですw

 

厚生労働省とぱね田だけはよかったですが、他はとくに・・・
まあ、セールで買ったやつに高望みなんかしてなかったのでダメージは少ないですが
どうせならもっとブッ飛んだシナリオにしてもらえたらなあ、と思いました。
システム面は問題なかったです。スキップもチャプター単位で飛ばせたりできます。

 

俺たちに翼はない (通常版) - PSVita

俺たちに翼はない (通常版) - PSVita

 

 

 

【おすすめ!】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

 

 

 

今回のおすすめゲームです。
このゲームのためにPS4を買ったので、待望の作品ということです。
世界で2番目に好きなゲームがついにフルリメイクされました。
何気に17年ぶりのプレイとなったので、すごく懐かしかったです。

 

yuki

 

リメイクにあたってストーリーを除くありとあらゆる要素が現代風に変わりましたが、
特にキャラデザが長岡康史さんから【凪良】さんに変更となり、
全体的に大幅に若返りしたような画になりました。
凪良さんといえばアルトネリコシリーズのキャラデザの人という認識でしたが、
その人がYU-NOを担当するとかどうなるんだと思っていたら、大いにアリでしたw

 

亜由美さん

 

結城なんぞはどうでもいいですがw、亜由美さんを含むメインヒロイン級のキャラは
10代やそこらになったんちゃうかとぱっと見そう思ったくらいです。
賛否が別れる部分かもしれませんが、私としては大変素晴らしいと思いました。

 

香織さん


特に香織さんの変化がとんでもないことになってます。
オリジナル版での初見の時は、「なんやこのマントヒヒみたいなんは?」と思うほど
画がキツかったんですが、それがこんな美人になるなんて想定外すぎますw
凪良さんの起用は大正解だったと確信しました。

 

ビジュアルの変化が著しいんですが、音楽については現代風とオリジナル風の
2種類を任意のタイミングで変更が可能となっており、
これはVita版、PC版で2016年に出たEVE burst error Rと同じ方式です。
EVEの場合は画がオリジナル版だったので音もオリジナルの方が合っていましたが、
YU-NOは現代風の方が合っているような感じがしました。

 

美月さん

 

肝心のゲーム部分ですが、話自体は改変ほとんどなしなのでその点は最高です。
菅野テイストもそのままありますし、総当たり式ADVやA.D.M.Sもそのままです。

システム面はオリジナル版にはなかったバックログ機能を含め、
現代式に改良され使いやすくなりました。
ただし主人公はパートボイスです。

最初から持っている宝玉の数が4個と、オリジナル版から2個増えているので
ルート移動や回収が容易になり、難易度が下がりました。
集めて回る宝玉の数に変わりはありませんが、宝玉セーブ地点のA.D.M.Sには
サムネイルと概要が表示されるようになったので、状況把握がしやすくなりました。

ヒント機能なるものが追加されましたが、要はピクロスの回答です。
自力で解きたい人はOFFにすべきでしょう。
私はまたあのダルいのに取り組むとか勘弁だったのでONにしました。
オリジナルの時は自力で2時間以上かけて解いたからええやろ、とw

 

ただ、このゲームは本編開始以降(剣ノ岬からA.D.M.Sが開始される場面)は
シェア機能が一切使えなくなります。
生配信は無論、スクショすら撮れなくなるネタバレ禁止措置が徹底しており、
ゲームを保護する意味合いでは有効でしょうが、自分には不便でした。
せっかく美月さんのスクショを大量保存するつもりが梯子を外された形になったので
美月さんの魅力をこのブログで徹底的に説き伏せるアテも外れました。

それにフルリメイクだからといって異世界編にA.D.M.Sが実装されたわけでもなく、
追加シナリオとかいうのが世界観ブチ壊しのゴミカスだったという、
せっかくの機会を全然活かそうともしていない残念な面もあるので、
そういう部分が世界一面白いゲームにはなり得ない要因にもなっています。

 

神奈


しかしさすがに大傑作YU-NOですから、全体的には非常に良くできているゲームです。
ボリュームも非常に多く、80時間以上はかかるんじゃないかと思いますが、
値段相応以上のクオリティが約束されていますのでおすすめです。
初回特典にはサウンドトラックが付いていますが、これが価値をさらに高めているのも
指摘しておく必要があるでしょう。

 

ちなみに、サントラと同様、初回特典として付いている完全攻略本には
美月さんルートを一番最初に攻略することを推奨していますが、これは誤り
亜由美さんルートから始めた方がはるかに楽です。

普通にゲームをクリアするだけなら本の通りでもいいですが、達成率100%のためなら
美月さんから先に進めてしまうと、異世界編をクリアするまで亜由美さんルートを
すべて埋めることはできなくなり、後々面倒になることには注意が必要です。

オリジナル版がDLCで付いていましたが、インストールしたまま積んでますw

 

 

 

リプキス

 

 

 

リプキス 通常版 - PS4

リプキス 通常版 - PS4

 

 

2017年もそろそろ終わるという時にセールされたことでプレイすることになった
キスシリーズの5作目です。

正直買うかどうか迷いました、なにせ戯画だから。
戯画マインかもしれない、ってことを考えるとですね・・・w
でもまあPS4でギャルゲーってそんな種類多くないし、無い物ねだりしていられない
こともあって勢いでセールに乗ってみた、って感じで始めてみました。

 

Repkiss

 

しかしこれがやってみたら予想外に面白くてハマりました。
全編通して完全イチャラブゲーで、生き死になし、チート要素なし、波乱なしの
心温まるあまりにも純粋な話でした。

その話もやたら引き込まれるものが多く、
上の画像のように共通ルートの序盤だというのにいきなりキスされたりだとか、
突如ふしぎなおどりでMPを減らしてくるキャラがいたりだとか
読んでて退屈にはならないのが盛り沢山です。

 

リプキス

 

そもそも、はじめから主人公に対し好感度MAX状態のキャラが4人中3人はいるため、
仲睦まじくなるまでのテンポがものすごく速いですw

というのも実はこのゲーム、信じられないくらい話が短い!
YU-NOの次にプレイしたことで、その差がえげつなさすぎですw
おそらく原作から◯シーンをバッサリカットして出してきたと思われますが、
その影響で全クリまで、おまけや追加キャラのシナリオを含めても
10時間も必要かどうかという感じです。
ファンディスクでもないのに、その点においては戯画マインだったかもしれませんw
私はセールでミドルプライスだったので値段相応と見ていますが、セールでなかったら
「フルプライスでこんだけかい!」ってツッコんでいてもおかしくはないです。

 

ですがクオリティは飛び抜けて良いです。
シナリオ以外にも音楽、システム面も不自由なく良くできています。
音楽については何故か西洋チックなBGMが意外に合っている上、
OP・挿入歌・EDの歌モノ3つ全てが良いというめったに見られない有様でして、
特にOPが私は好きですね。

 

あまりの話の短さをどう判断するかで評価が完全に分かれると思うので
おすすめには外すとしても、ダークホース的な存在としては十分にアリです。
ちなみに私は唯梨推しです。 

リプキス 通常版 - PS Vita

リプキス 通常版 - PS Vita

 

 

 

まとめ

唯梨

ここ近年はまったり平和系のゲームを好んでプレイしてきています。
今まで争い系やドタバタ波乱系ばかりをし続けてきて
そういうのを見るのが飽きた、しんどくなってきたのかもしれないです。

今年はもっと精神的に安らぎを求めたい年にしたいと思っていることから
なるべくゴチャゴチャしてなさそうなのを見つけていきたいですね。

 

というかそろそろ本気でVita TVの導入を検討する段階に来ていると思っています。
ギャルゲーのCS据置機移植って絶対数がマジ少ないんで
Vitaにでも行っとかないと続けられないと思います。

これからPS4にもタイトルが出てくるだろうとは思いますが
今後を見る限り、洋ゲーPS4ギャルゲーはVitaになりそうな気がしています。
そのVitaも今年くらいで終わりそうな雰囲気を醸し出してるから
PS4に集まってほしいんですけども。

 

 

投げ銭は随時受付中です!
holdfaster777◯gmail.com 宛てに
Amazonギフト券- Eメールタイプでどうぞ!
(◯部分を@に変えてください) 

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック