いんすと!

良きものをつかむために綴るブログです。皆様のレスポンスが何よりの活力になります。どうぞよろしく。

  follow us in feedly   良アニメ!『からかい上手の高木さん』


【PS4/Vita】2018年プレイ予定のアドベンチャーゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
あとで読む

和洋入り乱れ

ABZU

10年前には考えられなかったことが、現在では一般的になったことなんて数あれど、
まさかそれがアドベンチャーゲームにおいても現れるとは思いもしませんでした。

それまでは国産ギャルゲーやエ○ゲこそがアドベンチャーゲームだと思っていた私が、
今では洋ゲーにまで幅広くプレイすることになっていった以上、
アドベンチャーゲームは大いに変貌したと言ってもいいでしょう。

 

今回は今年、2018年に私がプレイする予定であるアドベンチャーゲーム
和洋分けて紹介していきたいと思います。
中にはこの記事を書いている時点ではまだ未発売のものもありますので、
今すぐプレイできるものばかりではないことにご注意ください。 
また、全てPSプラットフォームでの記事となりますので、他機種版にはない
要素が含まれている場合があります。

 

カルマルカ*サークル 通常版 - PS4

カルマルカ*サークル 通常版 - PS4

 

 

 

洋ゲー

まずは洋ゲー編です。インディーズが主となります。

 

AER Memories of Old

 

 

最初にご紹介するのは、スウェーデンのインディーズメーカーから2018年1月に
PS4でリリースされたオープンワールド系TPS探索ゲーです。

実はもうすでに私は購入していますw
先日、PS4ストアにのみ10%OFFクーポンがバラまかれた時に買いました。
上のトレーラーを1回見ただけで即決してしまいましたw

 

AER Memories of Old

 

どうも、【鳥になれる人間】を主人公に、世界各地を飛んで回るゲームのようです。
いかにも風ノ旅ビトっぽくてやる気が起こります。
それなのにローポリゴンってのがやたら気になりますw
でも、なんか想像力豊かになれそうな感じがして面白そうだとぱっと見思いました。
しかもプラチナトロフィーまである上、ブロンズが一切なしという
トロフィーブーストゲーが見込まれますw

 

こちらはダウンロード専売で、1,880円です。

 

AER - Memories of Old (PS4)

AER - Memories of Old (PS4)

 

 

 

ABZÛ

 

 

次は2018年2月上旬に、突然PS公式から予告なく送りつけられたメールによって
存在を知ることとなったPS4の一作です。

素性不明のダイバーを操って海を舞台にスイスイ泳ぎまくる、
まあこれもおそらくTPS探索ゲーなのだと思いますが、
注目すべきは風ノ旅ビトを作った人の新作だということ!
AERのような【っぽい系】ではなくズバリ新作!
前作から6年も待たされたわけですからね、そりゃもう買うしかないでしょう。

 

でも【thatgamecompany】じゃないのはなんで?
正規の新作扱いではないってこと?
まあそこらへんはよう知らんけども、面白かったら何でもいいんで期待です!
海とか魚とかマリンスポーツに特段の関心はないですが。

 

これもダウンロード専売で、2,424円です。はっきり言って高いです。
前作の倍以上してるし。
というかこのゲームなんて読むの?アブズ?

 

Abzu (輸入版:北米) - PS4

Abzu (輸入版:北米) - PS4

 
Abzu

Abzu

 

 

 

Firewatch

 

 

次もABZUと同時期にPS公式から送りつけられてきたメールにて存在を知ったもので、
見たところアメリカのインディーズメーカーによる
PS4オープンワールドFPS探索ゲーのようです。

アメリカ、ワイオミング州にある自然保護区の森林火災監視員を主人公に
保護区内を駆け巡るようですが、ミステリーっぽい雰囲気を強く感じたので
注目しています。

 

Firewatch

 

面白いのが、常に無線機を使って会話をしているという点ですね。
トレーラーを見る限り、対面が一切ない無線越しのやり取りのみのようですが、
これでは相手の素性が不明ですし、故にその相手は本当に信用するに値する奴なのか
はっきりしないということですから。
全てを疑わしく思うことに、これ程おあつらえ向きのゲームはなかなかないかも。
アクションに色々種類がありそうなので、無線相手のヤサを潰しに行くとかあれば
かなり面白くなりそうな気がしますw

 

これもダウンロード専売で、1,980円です。

 

 

GET EVEN

 

 

洋ゲー編の最後は2017年8月にPS4でリリースされた、
ポーランドのインディーズメーカーが開発したスリラー系FPSアドベンチャーです。

記憶を失い、頭に何かの装置を取り付けられている主人公が、唯一覚えている
【監禁された少女を救いに行く】ことを目的としているとのことです。
精神病院の中という舞台に加え、銃撃戦まであるらしいので殺伐感は満載です。

 

GET EVEN


このゲームはグラフィックとサウンドに力を入れているみたいなので
臨場感を高めるのに一役買っているようです。
私としてはそんなことよりも面白いのかどうかが重要なんですが、
プラチナトロフィーまで用意されているゲームなので、やりがいは一応あると
見ていいかと思います。

 

ただし3,000円は高すぎですね。フリプあるいはセール待ちってところです。
バンナムだからする可能性は高いw

 

洋ゲー編は以上です。

 

 

 

和ゲー編

次は和ゲー編です。ギャルゲーが主となります。

 

星織ユメミライ Converted Edition

 

 

星織ユメミライ Converted Edition - PS4

星織ユメミライ Converted Edition - PS4

 

 

和ゲーの最初は、今まさにプレイ中の作品から。
2017年9月にプロトタイプから発売された、Visual Art's系ブランドtone work's開発の
PS4/Vita用テキストアドベンチャーゲームです。

VA系は個人的にはONE以外は特に思い入れはなく、
フリプになったCLANNADも、プラネタリウム大好きだからという理由で手に取った
planetarianも、ちっとも感動なんかせず微妙な出来だったので何だかな~と
思っていたのですが、これはちょっと面白そうかなと思って今プレイ中です。

 

星織ユメミライ

 

ストーリーは昔住んでいた街に数年ぶりに戻ってきて、転校先の高校で女の子達と
知り合って親睦を深めるという、よくある体のオーソドックスな紙芝居ゲーです。
それだけなら大して興味を持つには至りませんが、面白そうだと思ったのは
生き死にも超絶チート設定もなさそうな実に平和そうな雰囲気と、
付き合った後の話(アフター編)があるという点です。
よつのはっぽい感じがします。

「アフターまであるんやったらリプキスのように速攻終わることはなさそうやな」
と思った次第ですが、今のところ1キャラだけ攻略した時点で見る限り、
結構話は長そうです。
まあこれがギャルゲー本来の形だとは思うのですがw、
システム面とかにも不自由さは感じていないので、頑張ってみようと思います。

 

星織ユメミライ Converted Edition - PS Vita

星織ユメミライ Converted Edition - PS Vita

 

 

 

カタハネ ーAn' call Belleー

 

 

カタハネ ―An' call Belle― - PSVita

カタハネ ―An' call Belle― - PSVita

 

 

次は私がVita TVを手にしたらぜひプレイしたいと思っているものです。
2018年1月にまたもプロトタイプからVita用として発売され、
オリジナルは2007年のTarte最終作として、約10年後に10mileがリマスターした
群像劇紙芝居ゲー、ということなんですがぶっちゃけ百合ゲーです。

【群像劇】ってのがギャルゲーにしては珍しいと思って注目しています。
私としては【街】【428】みたいなもんじゃないの、と思えてなりませんが、
演劇とかで観るそれなら感じは違うのかもしれないですね。

 

ただ百合ゲーという部分がどうなるかな~とは思ってます。
10年前の時は、たしか記憶では会社がポシャるからとかいう理由で
即ワゴン化になったのを見たことがあったので、ヤバいと思ってスルーしたことから
今回も迷いはしましたが、もういい加減プレイしてみようと思わなければ
Vita TVを買うことにもつながらんからということで、ピックアップしてみました。

 

PlayStation Vita TV 黒 [並行輸入品]
 

 

 

となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~

 

  

 

次はいよいよコンシューマーにもロープライスギャルゲーが来た、ってことで
エンターグラムから2017年11月にPS4で発売された、プレカノシリーズの第1作です。
極めてオーソドックスな紙芝居ゲーです。

ロープライスゲーとなれば、3,000円以下である代わりに(2,000円以下の場合もあり)
共通ルートはなし、ヒロインは1人だけの極小ボリュームという制約の中で
どう立派に紙芝居ゲーができるかが見どころとなるのですが、
そこをねこにゃん絵で持ってきたのはポイント高いな、と思いましたw

 

となりに彼女のいる幸せ

 

ねこにゃん絵なんて、マジでこんにゃくこの青空に約束を以来なんで
ずいぶん久しぶりな感じがします。
ですが見た感じ、相変わらずクオリティ高そうなので心配する必要はなさそうです。
これも実に平和そうでまったりしてそうですから期待しています。

 

 

 

ワールドエンド・シンドローム

 

  

 

次からはまだこの記事を書いている時点ではリリースされてはいないものを。
こちらは2018年4月26日にアークシステムワークスからPS4/Vitaに加え、
なんとNintendo Switchでも発売予定のミステリー・恋愛紙芝居ゲーです。

ぱっと見、ひぐらしっぽい空気を感じざるを得ないんですが、
最近はこの手のミステリー紙芝居ゲーをあまりプレイしてこなかったことに気づき、
まあ今年中には平和ゲーに飽きる時が来るだろうからその時にでも、と
考えている1本です。

 

でもアークゲーだからなあ、すぐ値崩れすんのかな~とか思ったりはしてますw
ほんと、アークのアドベンチャーゲームってすぐ値下げするから
そん時にでもすればよくね?ってなりがち。
まあ大傑作すぎて値段がなかなか下がらないならそれはそれで結構なことですが。

 

 

 

慟哭 そして…

 

 

 

和ゲー最後の1本は、私が今年最も期待し、20年も待ち続けた
伝説とも言える脱出アドベンチャーゲームの登場です。
1998年2月にデータイーストから発売されたデコゲー末期の有名作が、
上のアークゲーと同じく2018年4月26日に、あのEVE burst error R】をリリースした
El DiaよりPS4/Vita向けに発売予定です。

 

もうはっきり言ってこのゲームに期待することはたった1つだけです。

【遺作】より面白いかどうかこれに尽きます。

 

慟哭 そして…


そりゃそうなるに決まってまして、なんたってこの2つのゲームは
横田守絵の女数人軟禁クローズド・サークル脱出アドベンチャーという点で
完全に一致しているのですから、比較するなというのが土台無理な話です。
ましてや私にとって遺作は、脱出ゲームの中でも頂点と言って過言ではない程の
大傑作なわけですから、そのハードルはとんでもなく高いのです。
三兄弟シリーズの中でも断トツ1位の面白さでしたし。

 

いくら今平和ゲーに傾倒している私でも、これだけは必ずプレイすると決めています。
申し訳程度の選択肢をポチポチーするだけで終わる紙芝居ゲーなど消し炭にする程の
鬼難易度であることはもう確実でしょう。
でもそういったゲームは、ゲームしてる感がブチ抜いて高いから好きですね。
未プレイですからより純粋にワクワクしてます。 

 

EVE The Lost One

 

ただ何故、私が今からちょうど20年前にこのゲームに手を付けなかったかというと、
この時ほぼ同時期に、EVE The Lost Oneが出たからですw
当時からburst error世界最高!と思っていた私がこれをスルーするはずがなくw

まあ結果はお察しでしたがw、真面目な話、今回慟哭をプレイするにあたっては、
あの時のLOST ONE即決という判断が本当に誤りだったのかどうか
確かめさせてもらうつもりでおります。
いくらリマスターとはいえ、こんな昔のゲームにフルプライス出すのだから
この際遺作もLost Oneも超えてもらいたいです。
Lost One超えは容易いかw

 

慟哭 そして - PS4

慟哭 そして - PS4

 
慟哭 そして - PSVita

慟哭 そして - PSVita

 

 

 

まとめ

f:id:holdfast:20180224185944j:plain

 

今年も色々とやりがいのあるゲームが出てくるようで楽しみです。
今回載せたゲームの大半は、もしかしたら1日で終わらせられるかもしれませんが、
ボリュームの大小問わず、色々なゲームが遊べることが実に幸せなことだと思います。

 

皆さんもおすすめのアドベンチャーゲームがありましたら、ぜひ教えてください。

 

 

投げ銭常時受付中!

Kyash 投げ銭QRコード

上のQRコードによるKyashか、
Amazonギフト券 - Eメールタイプによる
ギフト券にてよろしくお願いします!

Kyashの場合、QRコードを直接読み取ると、自由な金額で投げ銭でき、
QRコードをクリックすると、100円を投げ銭できるページに飛びますので
ぜひご活用ください。

 

ただし、自由金額設定の場合、
1度に10,000円以上の投げ銭はご遠慮ください。

 

Amazonギフト券の場合、送り先のメールアドレスは
holdfaster777○gmail.com となります。
○の部分を@に変えて下のリンクからお送りください。
サイドバーのプロフィール欄にも書いてありますのでご活用ください。

 

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック